2018年1月21日 (日)

アゼゴケ/ハタケゴケの仲間

 一雨降った田圃畔で見かけたコケの群落。
 のぞいてみると数種類のコケが混生していました。
 何とか名前が分かりそうだったのは2種だけでした。

●アゼゴケ(ヒョウタンゴケ科):
 蒴(さく)は秋にできます。蒴柄の長さは3~5mmほどです。
 朔はまだ黄緑色で、嘴のある帽がついているものもありますが、多くは緑色が失せて黄色淡黄褐色~褐色になっていました。1img_8433

 
 また、中には朔の帽も取れ、蓋がはずれてツボの中に胞子が見えているものもあり、既に空っぽになっているものも多数ありました。3img_8432

 
●ハタケゴケの仲間(ウキゴケ科ウキゴケ属):
 同じところに混生していました。
 一年生の苔類。葉状体は黄緑色でロゼット状に広がります。
 葉状体の長さは5~10mm、幅2~3mmで、背面に溝があります。3r

 
※コケ:
 (再掲)Photo

|

2018年1月19日 (金)

ユリカモメ/セグロカモメ(冬鳥)

●ユリカモメ(冬鳥)
 先日のこと、所用で通りかかった市街地の橋の上から、冬鳥のユリカモメが川に降りているのを目にしました。
 昨年末くらいから飛来していたようですが、私が目にしたのは今回が初めて。Img_8907

Img_89074r
 
 あまり人を恐れることもなく、街中の川でもよく見られる小型のカモメの仲間で、観察は容易です。赤いくちばしと脚が特徴的です。

 
 ・たまたま先に姿を見せていたセグロカモメも近くに降り立っていました。
 それぞれ別個体です。Img_8877_1

Img_8877

 
 ・神経質なコガモの小さな群れもいました。
 こちらはいつものように直ぐに背を向けて遠ざかっていきます。Photo

|

2018年1月18日 (木)

モズ

 餌になる昆虫類などがいなくなった冬枯れの乾いた草原には野鳥の姿がありません。
 そのような時、偶然、声もたてずに1羽のモズが飛来して、近くのカワヤナギの枝に止まりました。
 いつもならすぐに飛び立って行くのに、しばらくそのままだったのでレンズを向けました。

 モズはワシ・タカ類やフクロウ類などのような猛禽類ではありませんが、精悍な顔つきをしています。Img_8700

Img_8702

Img_8706

 なお、今回の個体には、♂の特徴である”黒くて太い過眼線と明白な翼の白斑”が見当たらなかったので、♀だったようです。
 そう思ってみればどこか優しい印象も。

|

2018年1月17日 (水)

1月の小寒過ぎ、朝の始まり風景

 もうすぐ大寒。そして今日は珍しい雨降り。恵みの雨ですが少なすぎて、野菜の高騰は止められません。

 いささか時期遅れの記載ですが、

●連日冬晴れで乾燥した天気が続いていた1月、小寒を過ぎた日の朝のはじまり。

 残月の、日の出前6時40分から、日の出直後6時55分までの、散歩コースの風景。
 紅色に映える富士山がきれいでした。

 
 ・東の地平には少し雲がありました。Img_8781640

 
 ・西の空には残月: Img_8780640

 
 ・日の出。堤防の上から。Img_8798t

 
 ・南西方向。朝日に浮かぶ富士山がきれい。(日没の残照に映える富士も良いけれど。)Img_8800

 
 ・東北方向に筑波山Img_8803

 
 ・北には日光連山Img_8805655

 
 ・橋の上から。
 近景に邪魔されて、太陽がのぞくのは7時前になりました。Img_8809

 

|

2018年1月16日 (火)

鳥達も食べもの探しが大変?

 冷え込みが続く中で、霜柱も立たないほどカラカラに乾燥した田圃地域。
 周辺地域の用水路は水量が少ない上に、凍り付いた水面の氷は日増しに厚さを増しています。

 ・カラス:
 その様な折りから、農道に多数のカラスが集まっていて、
 (以下の画像はクリックで拡大します)Img_8990

 
 ・サギ仲間:
 乾いた田圃にはが降りていました。Img_8996

 
 ・①コサギ1羽は座り込んでいました。はじめて目にした”座り込む姿”でした。Img_8992

 
 ・②近くにはチュウダイサギ、Img_8995

 
 ・③コサギ:
 少し離れて、寒そうに突っ立っていた1羽です。Img_8993

 
 ・④アオサギ:
  近くに首をすくめて降りていました。(ピンぼけの画像ですが、嘴がピンクの婚姻色になっているようです。Img_8994

 小魚捕りは出来ず、乾ききった田圃には餌は見当たらず、食べものを探すのも大変な情況なのでしょうか。

|

2018年1月14日 (日)

ミミズク/ヒサカキの葉

●ヒサカキの葉で[ミミズク]:

 ・ヒサカキの葉(裏表)Photo_3

 
 ・ミミズク:
 5ヵ所に切れ目を入れてから、折り紙の要領で谷折り/山折りして出来たミミズク(モドキ)の習作。
 葉が硬いので少しやりにくいこともありましたが・・・Img_8969

|

2018年1月13日 (土)

キリ(桐)の蕾と果実

●キリ(ゴマノハグサ科キリ属):
 畑と農道の境界に育っている1本の桐です。 
 キリは幹の頂に大型の円錐花序をつけます。
 蕾は前年の秋に既に出来ています。
 5月に薄紫色の花が開き、遠くからでもよく目立ちます。
 花後に果実は大きく生長して垂れ下がります。

 ここでは畑仕事の邪魔になるようで、しょっちゅう切り詰められていて、なかなかきれいな樹形を目にする機会がありません。

 それはともかく、冬晴れの青空に突き刺さるように伸びた枝先に、暖かそうな黄橙色の蕾が鈴なりに出来ていて、その下の方の枝には今期稔った果実が下向きに開裂して付いていました。Img_8833_1

 
 ・既に出来ている蕾:
 5月に花が咲くまで無事に枝が残されているでしょうか。Img_8833_3t

 
 ・この時期、開裂した果実・果皮の大部分は既に花序からはずれて無くなっていましたが、まだ少数が残っていました。
 果実は3cmほどの卵型で、先端は尖っていて、内部は2室にわかれています。
 そして初冬になってからはじめて2つに裂開しますが、2つに割れた果皮は完全には開かずに、春までそのままで、中にある大量の種子を風に乗せて少しずつ散布していきます。Img_8833_2

 
 ・望遠撮影した画像でしか様子が分かりませんが、一部の開裂した果実の果皮の隙間にまだ種が少しのこっているらしいものもありました。Img_8833_4t

 
■余談:
 まったく別のところですが、遠くの畑の中に生えて薄紫色の花をつけていた桐。
 やはり邪魔にされるようで切り倒されないまでも、不自然な樹形になりながら、たくさんの花をつけていて目立ったので撮った過去ログの写真再掲です。Photo

|

«ニシキギの果実