2018年5月22日 (火)

アカバナユウゲショウ(白花)/モモブトカミキリモドキなど

 ほぼ月遅れで、また目新しい記事ではありませんが、

●アカバナユウゲショウ:
 ピンク色のかわいらしい4弁花を開く帰化植物の多年草。
 まだ大型雑草が少ない春先の畦道などに普通に生えています。Photo

 
●アカバナユウゲショウ(白花):
 公園近くの草地や歩道脇に毎シーズン白花だけが群生、開花する限定的な場所があります。
 他では殆ど見かけないので、一般的には“珍しい”ようです。
 (撮影4月下旬: 画像はクリックで拡大します。)Photo_2

R0017273

※アカバナユウゲショウ(アカバナ科マツヨイグサ属): 
 北アメリカ原産で、観賞用に導入されたものが逸脱、野生化したという。
 日中から普通に開花している。稀に白花もある。
 花期は4~10月。

 
 同じ草叢に開花していたハルジオンには蜜や花粉をもとめてたくさんの小昆虫が訪花していました。(撮影4月下旬)

●モモブトカミキリモドキ:
 複数が目について撮影したのでしが、全て後脚”もも”が太い♂の個体ばかりでした。
(♀の脚は細いです。)

4r

 
 その他。
●コアオハナムグリ:R0017307

 
●ミナミヒメヒラタアブ:R0017321

 
●ツマグロキンバエ:R0017317

 ・ついでに別の場所、別の花にもツマグロキンバエ。
 怪しい目玉(複眼)模様。R0035855

 
●ヒメマルカツオブシムシ(体長3mmほど):R00173053mm

 
●不明の小甲虫:
 不鮮明な画像でよく分かりません。
 ハルジオンの大きさ(花径2cmほど)から、大きさ(体長)10mm以下のコメツキムシの仲間で、「ヒメサビキコリ」に似ているようにも見えますが不確かです。R0017325

|

2018年5月21日 (月)

ムギヒゲナガアブラムシ(有翅型)

●ムギヒゲナガアブラムシ(有翅型):
 庭掃除中、(毎年のことながら(害虫などのせいで)既に葉に異常が出始めていた目前のフヨウの葉に、突然、ピッという感じで飛来したもの。
 しばらくしてまたピッと視界から消えました。
 ”絵合わせ”で多分、ムギヒゲナガアブラムシ(有翅型)と推測しました。
 (画面中央の”点”)R0017464_1

R0017464_21cc

※参考:
 ムギヒゲナガアブラムシ:
 体長2..5~3.1mm。体色は緑色、黄緑色、橙赤色など変異がある。
 主にイネ科(ムギ類、イネなど)植物の穂に付き吸汁する。
 その他チューリップ、アケビなどの汁も吸う多食性の害虫アブラムシ。
 無翅型の背面は黒色硬皮板があるものから無いものまで変異がある。
 角状管は黒色で長い。尾片は淡色で長め。 
 出現時期は4~12月、分布は日本各地 。

|

2018年5月20日 (日)

ヤマアジサイ(園芸種)

 今日は薫風の5月、という形容にふさわしい一日でした。
 暑くも寒くもなく、空気はからっとして屋外作業も楽でした。
 昨今こんな日は少ない気がします。

●ヤマアジサイ(園芸品種):
 例年のとおり、通常のアジサイよりも一足早く開花が始まるヤマアジサイの園芸種がきれいな花を開きました。
 もうかなり前に、狭い庭でアジサイを楽しむためにはあまり大株にならないものをと、ホームセンターで求めた鉢植えの株を、ついには地植えにしたもの。
 毎年コンパクトに切り詰めるため、花数も少なめで、また小さめですが十分楽しめます。Photo

|

2018年5月18日 (金)

ツマキアオジョウカイモドキ

●ツマキアオジョウカイモドキ(ジョウカイモドキ科): 
 大きな生け垣の隙間に生えたケヤキやムクノキなど幼木の周辺を歩き回っていました。
 小さいながらも目立つ甲虫です。
 初めての観察でした。(撮影4/27)
 (画像はクリックで拡大します。)R0017337_1427

R0017337_5t2

R0017337_6

R0017337_8

R0017337_10t

※大きさ5~6mm。上翅は藍緑色で鈍い金属光沢があり、微毛が生えている。
 また先端部に黄色斑紋があるジョウカイモドキの仲間。
 春から初夏にかけて、林縁の植物上で見られる。
 大顎で、他の虫を捕食する。幼虫は植物の茎や枝に潜入している他の昆虫の幼虫を食べて育つ。
 出現時期は4~6月、分布は日本各地。

|

2018年5月17日 (木)

ハエトリグモの仲間3種

 4月下旬、ご近所で見かけた徘徊性のハエトリグモ仲間3種

●カタオカハエトリ♂:
 金網フェンスの枠板を歩き回っていました。
 第1脚の先端には黒い毛が密生していて、その脚をしきりに振り上げる仕草をしながら歩き回るその動きはすばやく、撮れたのは1枚だけ。
 体長 3~4mm 前後と小さめで、橙色の歩脚がきれいな人気者。
 なお♀は地味で全身灰褐色。 
分布は日本各地。R0017238ct

 
●ネコハエトリ♂:
 草叢の葉上を跳びはねるように徘徊していた♂。
 大きさ♂8mm、♀は9mmほど。
 分布は本州、四国、九州。R0016677

 
●マミジロハエトリ♂:
 自宅で。1匹は玄関先で、もう一匹は庭のカラーの葉上を歩き回っていたもの。
 どちらも♂。 体長6~7mm。Photo_2

Photo_3

 
 ・ついでに未掲載の画像から:
 2013.7.4撮影の♀。(♂より1mmほど大きめで地味な体色。)R0036633_3

3r

 分布は日本各地。

|

2018年5月16日 (水)

ムナグロ(旅鳥)、オオヨシキリ(夏鳥)など

 ゴールデンウイークの間にすっかり田植えも終わって一段落した水田地帯。
 (5月9日撮影)Img_118359

 
●ムナグロ(旅鳥):
 曇天で冷たい風の吹いていた田圃に姿を見せたのは旅鳥のムナグロ。
 たった2羽だけで、まだ冬羽の個体 若鳥のようでした。2

 10年来の観察記録では、実に正確に、田植えが終わって静けさを取りもどした5月10日前後に通過しています。
 しかし帰り道にはならないようで、秋に通過を観察したことは一度もありません。

 
●一羽のコサギもカエルなどを探してゆっくり歩いていました。Img_1182ct

 
●オオヨシキリ(夏鳥):
 水田脇の空き地に残った枯れ茎にとまって赤い口の中が見えるほど仰々しい声を張り上げていたのはオオヨシキリ。Photo

 
●水路上を横切るケーブルに止まって羽繕いをしていた1羽のツバメ。Img_1204ct

 乱高下を繰り返す気温のもと、青葉の季節が進みます。

|

2018年5月15日 (火)

クヌギの虫こぶ2種(クヌギハナカイメンフシ/クヌギエダイガフシ)

●クヌギの虫こぶ2種(クヌギハナカイメンフシ/クヌギエダイガフシ):

 ・4月上旬から中旬、池端の空き地に生えているクヌギに大量の虫こぶが形成されているのを目にしました。
 素人目には、これでよくクヌギの樹勢が損なわれないものだな、と感心したほど。
 (以下の画像は全てクリックで拡大します。)4

 
 ・そして4月下旬には(雄花序も)大半の虫コブも脱落していました。
 その頃には黄緑色の新葉が大きく生長していて、樹勢には何らの影響もないように見受けられました。4_2

 
 ・2種類の虫こぶがあり、圧倒的に多数だったのは「クヌギハナカイメンフシ」で、雄花(花序)全体が肥大して直径25~30mmの綿球状になったもの。Img_0521

 
 ・数カ所にしか認められなかったのは「クヌギエダイガフシ」。
 数個が固まって若い枝につくられた虫こぶで、表面は軟毛が密生した棘状片で包まれているもの。4r

 これら虫こぶの作成者はそれぞれ「クヌギハケタマバチ(クヌギハナカイメンタマバチ)」と「クヌギエダイガタマバチ」の2種ということです。

 また多数の虫こぶが形成されていた雄花序や展開の始まった新葉の周辺には、まとわり付くように動き回る2種類の「タマバチの仲間」も目撃しました。
 何者で、何をしていたのか、それらの詳細は分かりません。

 ・黒い体色のハチ:147_2

247_3

 
 ・胸部が橙色(黒斑が見える)ハチ:1418mm

2425

 一般的に寄主(今回はクヌギ)と虫こぶ形成者(今回はタマバチの仲間)との間にはきわめて特異的な関係があり、特定の虫こぶ形成者とそれによって寄主に作られる虫こぶの形、大きさ、色などの一般的性状はほぼ一定で、このため虫こぶから、形成者と寄主である植物を知る事ができるそうです。

 特異的な関係のある寄主に致命的なダメージを与えてしまっては何にもなりませんから、この虫こぶ形成者のせいでクヌギが影響を受けるような事はまず無いのでしょうね。

 
 ・4月初旬、2種類の虫こぶを採取して一つのポリ容器に入れ、屋外に放置していたところ、4月下旬に2種類のハチが出現しているのに気がつきました。472262

 
 ・体色の黒い方はごく少数で、まだ動き回っていました。Photo_2

 
 ・多数発生した胸部が橙色のハチの方は全て既に死んでいました。
 気がつく以前に発生していたのです。Photo_3

 いずれにせよ、いい加減な観察経過と不鮮明な画像のため、先に見かけた2種類のハチや、今回観察した画像のハチについて、クヌギハケタマバチ(クヌギハナカイメンタマバチ)やクヌギエダイガタマバチとの関連・異同など詳細は分かりませんでした。

 なお、過去にクヌギの葉に形成された球状の虫こぶクヌギハマルタマフシの記録があります。

|

«ヒメクロオトシブミ/コナライクビチョッキリ;イヌシデメフクレフシ