« 日暈(ひがさ) | トップページ | 尾瀬のサンショウウオの卵塊 »

2007年6月26日 (火)

メダカ/ホテイ草ヒゲ根に産卵

 メダカも都市近郊の小川や用水路からはすっかり姿を消してしまい、絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。
 昨年、近所の農業用水路に生きのこっていた群れを見つけて数匹すくって帰り、湿性植物を植えて軒先に置いたプラスチック・コンテナに入れて飼育しています。
 冬の間は植物の陰に隠れて冬眠しています。
 初夏、水温15~20℃を越えるようになった頃から、コンテナに入れたホテイ草の根や水草に、盛んに卵を産み付けています。
 孵化した稚魚は大半が親メダカに食べられているようです。
 卵が生み付けられたホテイ草を別容器に移すと、多数の孵化が起こります。
 育ったら元の水域に戻してやります。

屋外のメダカ飼育水槽Img_0411_2

 
ホテイ草のヒゲ根に付着した卵Img_0410_2

 
孵化したメダカの稚魚 Img_0046_2

|

« 日暈(ひがさ) | トップページ | 尾瀬のサンショウウオの卵塊 »

メダカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/6935923

この記事へのトラックバック一覧です: メダカ/ホテイ草ヒゲ根に産卵:

« 日暈(ひがさ) | トップページ | 尾瀬のサンショウウオの卵塊 »