« 乙女高原(2)コウリンカ、コオニユリ、コエゾゼミ | トップページ | 月下美人 »

2007年8月22日 (水)

カラスビシャク(半夏)

 農道の側に生い茂る夏草に混じって、カラスビシャク(別名ハンゲ)が緑色の仏炎苞を持ち上げていました。
 マムシグサなどと比べるとかなり小ぶりです。
 この球茎が、漢方で用いられる生薬の「半夏」です。
 田畑の雑草として普通に見られたものですが、除草剤や雑草刈り取り作業によってなかなかお目にかかる機会が少なくなりました。Img_1284_2

Img_1282_2

|

« 乙女高原(2)コウリンカ、コオニユリ、コエゾゼミ | トップページ | 月下美人 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/7631800

この記事へのトラックバック一覧です: カラスビシャク(半夏):

« 乙女高原(2)コウリンカ、コオニユリ、コエゾゼミ | トップページ | 月下美人 »