« キクモ | トップページ | タニシ »

2007年10月20日 (土)

ブラジルチドメグサ

メダカ飼育用水生植物(3)

●ブラジルチドメグサは特定外来生物に指定されています。
 九州地方の河川で大繁殖が確認され生態系に被害が出ているそうです。
 非常に丈夫な観賞用水生植物として輸入されウォーター・マッシュルームの名前でホームセンターやペットショップなどで売られています。
 ご多分に漏れず、私もメダカ本で紹介されていたので、一昨年ホームセンターで買い求めて植えてみました。
 とんでもない化け物のような繁殖力で、とても手におえるものではありません。
 夏期は特に繁殖が旺盛で、3週間もすると水槽全面を覆い尽くしてなお根茎が水槽を乗り越えて外まで伸びていきます。
 耐寒性もあり凍らなければ次の春に芽吹いてきます。
 処分するには引き抜いて乾燥し、短く切った後、生ゴミと一緒に焼却することです。Blgimg_1606

 なお、画面下半分に見える四つ葉のクローバーのような植物は、デンジソウ(田字草)というやはり水田雑草の仲間です。
 自然のものはほとんど見られなくなったようですが、これも輸入品が販売されていました。
 クローバーの仲間ではなくシダ類だそうです。
 冬は枯れますがやはり水中の根は越冬して春になると芽吹いてきます。
 こちらも同様猛烈な繁殖力で、結局めだか水槽用途には不向きです。
 廃棄処分方法は同じ。

|

« キクモ | トップページ | タニシ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/8451608

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルチドメグサ:

« キクモ | トップページ | タニシ »