« カマキリ(2) | トップページ | ヒガンバナ »

2007年10月16日 (火)

ツリバナ(吊花)

秋が深まってきて山野の草木が実をつける季節になりました。実の姿形は様々ですが、私が一番好きな実のなる木は吊り花です。本来は山地に生える落葉低木で、八ヶ岳山麓などにも見られるようですが、たまにホームセンターの花木売り場で売られていることもあります。大分前に通信販売で求めて狭い庭に植えた苗木が1.5m位になり、毎年美しい造形の実をつけます。花は初夏5,6月に小さな淡緑色の5弁花をつけますが、見栄えはしません。夏には緑色の丸い実がつり下がり、秋になると実が赤くなり、割れてぼんぼりのような果実の先に朱赤色の種子がのぞいてとても美しいです。山では紅葉も美しいようですが、残念ながら自宅では望めません。Img_1610 Turibanar

|

« カマキリ(2) | トップページ | ヒガンバナ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/8371604

この記事へのトラックバック一覧です: ツリバナ(吊花):

« カマキリ(2) | トップページ | ヒガンバナ »