« カマキリ(3) | トップページ | 九州の名産品 »

2007年11月 2日 (金)

クロメダカ

11月になり、屋外メダカ水槽の水温も15℃を下回るようになりました。メダカの活動も段々緩慢になり、更に、冬になると冬眠します。さて、シロメダカは物陰に隠れるという行動はあまり無く、人影を見ると餌にありつけるという条件反射でしょうか、むしろ寄ってきますが、クロメダカは警戒心が強く、少しでも人影が動く気配を察知すると大あわてで水草や藻の中に隠れてしまい、観察が難しいです。今日はネットでクロメダカ掬って記念撮影しました。ところでメダカは日本オリジナルの研究材料として、生物のオス・メスの分化を決める遺伝子研究に利用され大きな貢献をしています。すでにメダカという生き物の設計図=ゲノムもすべて解明されヒトと多くの共通性があることが明らかにされています。とかく群れたがるタイプのヒトは、より一層メダカの設計図に近い部分が多いのでしょうか。

人影を察知しても少しも逃げないシロメダカImg_1952tr

群れるクロメダカImg_1932

クロメダカ♂(おす):背びれに切れ込みがあり、尻びれは平行四辺形。Img_1926

クロメダカ♀(めす):背びれに切れ込みはなく、尻びれは三角形に近い。Img_1933

|

« カマキリ(3) | トップページ | 九州の名産品 »

メダカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/8709351

この記事へのトラックバック一覧です: クロメダカ:

« カマキリ(3) | トップページ | 九州の名産品 »