« ホソヒラタアブ | トップページ | 霊泉寺温泉 »

2007年12月 3日 (月)

アオサギ

 寒々とした冬の田圃にアオサギが沢山集まっていました。
 夏には見かけなかった光景です。
 遠目には、灰色の物体が田圃の中に散らばって見えるというかなり異様な感じです。
 警戒心が強く100mくらい離れていれば首をすぼめてじっと立っていますが Pb280275

Pb280273

 
 近づいていくと首を伸ばして警戒心をあらわにし、Pb280281

 
  更に50m位まで近づくと一斉に飛び去ります。Pb280263

 アオサギの体長は90cm前後で日本に分布するサギ類の中では最大種だそうです。
 本州では留鳥で、環境改善が進んで河川の魚が増えたので、カワウと同様、生息地、生息数は大幅に増加したそうです。
 餌は魚だけでなく、エビやカニなどの甲殻類、バッタやトンボなどの昆虫類、カエルやヘビなど様々。
 くちばしサイズの大きさの魚をよく捕らえ30cm程度の大きさの魚でも丸飲みするので、養魚場などでは被害が問題になっているとのこと。

|

« ホソヒラタアブ | トップページ | 霊泉寺温泉 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/9173236

この記事へのトラックバック一覧です: アオサギ:

« ホソヒラタアブ | トップページ | 霊泉寺温泉 »