« 南アルプス冬景色(2) | トップページ | 北陸路へ »

2008年1月 3日 (木)

バン(若鳥)

 クイナのような鳥が一羽、カモの傍の泥土の上をニワトリのような足取りで通り抜けて、水の中に入っていきました。
 そして、首を前後にカクン、カクンと揺らしながらへたくそな泳ぎで対岸に渡り、また泥地の上で何かを漁っていました。
 バンの若鳥ということでした。
 成鳥は嘴から額にかけて(額板)が赤いのですが、ここが黄色いままなのは若鳥なのだそうです。
 黄色の長い足で、足指には水かきがなく、そのため歩き回るのは得意ですが、泳ぐのはあまり上手くないそうです。
 仲間から一人はぐれてやってきたのでしょうか。Pc210462trm Pc210465 Pc210467

Pc210505_3   

|

« 南アルプス冬景色(2) | トップページ | 北陸路へ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/9582173

この記事へのトラックバック一覧です: バン(若鳥):

« 南アルプス冬景色(2) | トップページ | 北陸路へ »