« 新年 | トップページ | 初日の出 »

2008年1月 1日 (火)

ハシビロガモ

名前の通り、嘴が幅広です。以前にも一度、カルガモの写真の中に混じって写っていたのに気がついたことがありましたが、それ以来です。ネットで調べた雄の羽の色はもっときれいでしたが、今回の写真では全く地味です。専門家*に伺ったところ次のようなコメントでした。”オスの羽の色が美しくないのは、エクリプスといわれるもので、繁殖が終わった晩夏から初冬にかけては、メスに似た色彩になる”というもので、再び繁殖期が近づくと、メスを引きつけるために、美しいオスの色になるそうです。繁殖期以外はメスを引きつける必要がないので、地味で目立たないメスのようにしているということ。ホモ・サピエンスの場合はどうでしょうか。

ハシビロガモ   写真上が晴れ着を脱いだオス、下がメス。Pc250537Pc250556

つがい。

Pc250552

逆立ちはどちらでしょうか Pc250528 

http://www3.ezbbs.net/12/sae1950/

|

« 新年 | トップページ | 初日の出 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/9581764

この記事へのトラックバック一覧です: ハシビロガモ:

« 新年 | トップページ | 初日の出 »