« 春の足音 | トップページ | タンポポ »

2008年2月 6日 (水)

オオイヌノフグリ、花粉

陽の光が確実に強くなってきた畦道や堤防などの日溜まりに帰化植物のオオイヌノフグリ群れて咲くようになってきました。Img_4451_2

春本番になると青色の群落は大変きれいです。日本在来のイヌノフグリはうす赤色の小さな花をつける植物ですが現在ではほとんど見られず希少種になってしまいました。オオイヌノフグリの花は受粉が終わったものはちょっと触れるだけでポロッと取れてしまいます。

葯と花粉を覗いてみました。(×30倍)2img_428430

(×50倍)3img_429050

(×150倍)4img_4287150 

(×350倍、花粉は白く、ホトケノザの花粉同様にゼラチンカプセル錠のような形でした)。5img_4288350

|

« 春の足音 | トップページ | タンポポ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/10187724

この記事へのトラックバック一覧です: オオイヌノフグリ、花粉:

« 春の足音 | トップページ | タンポポ »