« 早春の味 | トップページ | 追儺(ついな)の雪 »

2008年2月 3日 (日)

節分、鬼は受難の日

明日は立春、今日は節分で鬼には受難の日です。本当はさほどの悪者ではなく気の弱い厄介者なのでしょうが、窓の外でウロウロしているだけで嫌いな豆を投げつけられ、イワシの頭の悪臭にむせび、柊(ヒイラギ)の刺で目を刺され這々の体で退散する鬼共を”鬼は内”と暖かく迎えてくれる町があります。群馬県鬼石町。鬼が投げた石で出来た町と言う伝説があり、鬼さんは町の守り神。以前行ったことがありますが、冬桜がきれいなところです。

                鬼(長塚 節)

    窓の外に うかゞふ鬼の隠るゝと かしら隠して角を隠さず

    なにをかも いたく恐れか赤鬼の おもてか青にうちふるひ居り

今時の節分グッズ。 Img_4406

|

« 早春の味 | トップページ | 追儺(ついな)の雪 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/10170867

この記事へのトラックバック一覧です: 節分、鬼は受難の日:

« 早春の味 | トップページ | 追儺(ついな)の雪 »