« ネコヤナギの花 | トップページ | シーラカンス »

2008年3月26日 (水)

ハクモクレン

 都心ではサクラが満開を迎えようとしています。
 このところの暖かさでハクモクレンが一気に開花しました。
 以前、庭植にしていた紫色のモクレン(紫モクレン)は、改良品種で大輪の紫色の花が沢山咲きましたが、やがて必ずやってくるヒヨドリに花を囓られ、さらには、開花直前の大きなつぼみの付け根部分をすべて囓られて無惨な姿をさらす事が毎年続くようになってしまいました。 
 とうとう堪りかねてハクモクレンに植え替えました。こちらは大丈夫のようです。

          あはれしる

      あはれしるをさなごころに

      ありなしのゆめをかたりて

      あまき香にさきし木蓮

      その花の散りしわすれず  (三好達治・詩集花筐」)

Img_0476 Img_0503

 
 夜陰にも暖かさが感じられるようになると春も本番を迎えます。 Img_0571rtm

|

« ネコヤナギの花 | トップページ | シーラカンス »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/11736740

この記事へのトラックバック一覧です: ハクモクレン:

« ネコヤナギの花 | トップページ | シーラカンス »