« トビムシ(厳美渓) | トップページ | 冬芽と葉痕(13)東北地方の雑木5種 »

2008年3月 5日 (水)

冬鳥は北に帰る時期に

冬鳥もそろそろ北国へ帰る時期がやってきました。近くの調節池や用水路で冬を過ごして散歩を楽しませてくれた鳥たちともお別れの時期です。先日気温が上がった午後、水温む、という感じの散歩コースを覗いてきました。まだみんな居るようでした。北国へ引っ越し予定のない鳥もいますが、ずーっとここに居るかどうか。季節が確実に動いています。

カイツブリ。カップルでしょうか。カルガモと共に留鳥のようですが、ずっとここに居るかどうか。P2261101trm

P2261100trm

 
オナガガモ。こんなに人を恐れないとは知りませんでした。すぐ近くに行っても日中は丘に上がって眠りこけています。やがて飛び立っていくことでしょう。ホシハジロもまだ居ましたがずっと遠くにいて写真には撮りませんでした。P2261078trm

 
コガモ。なかなかの洒落者ですが神経質なところは全く変わりません。用水路の大体同じ場所で冬を過ごしていました。カルガモの声よりずっとかわいらしい声で、暗くなっても声だけで分かるようになりました。P2261071trm

 
バン。冬中とおして1羽だけしか見ませんでした。迷子だったのでしょうか。ほとんど何時もカルガモの近くにいました。最初に見たときには嘴の額板が黄色だった(→若鳥)のに、今度はバンの特徴である赤色になっていました。同じ個体だったのなら、ここで大きくなったのでしょうね。P2261092trm

|

« トビムシ(厳美渓) | トップページ | 冬芽と葉痕(13)東北地方の雑木5種 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/10943504

この記事へのトラックバック一覧です: 冬鳥は北に帰る時期に:

« トビムシ(厳美渓) | トップページ | 冬芽と葉痕(13)東北地方の雑木5種 »