« トビムシ(中尊寺)②その他 | トップページ | 冬鳥は北に帰る時期に »

2008年3月 4日 (火)

トビムシ(厳美渓)

中尊寺の近くにある厳美渓は、栗駒山を源流とする磐井川の中流域にある奇岩巨石の渓谷で、国の名勝天然記念物に指定されています。雪で足もとが滑りやすい状況でしたが、落ち葉の下の表層土には、中尊寺の土と同じようにシロトビムシなどが住んでいました。ご近所の仲間同士のようです。Img_4937trm

 
 シロトビムシの仲間。体長1.8mm。腐植をたくさん食べていて”ソーセージ”がよく見えます。×50倍。背面から。18mmimg_5146

18mmimg_5145

 
 腹面からの写真18mmimg_5150。跳躍器(バネ)はありません。

 
 ツチトビムシの仲間。体長1.2mm。跳躍器(バネ)があります。×50倍。Img5151

|

« トビムシ(中尊寺)②その他 | トップページ | 冬鳥は北に帰る時期に »

トビムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/10827271

この記事へのトラックバック一覧です: トビムシ(厳美渓):

« トビムシ(中尊寺)②その他 | トップページ | 冬鳥は北に帰る時期に »