« カニムシ(栃木県・大小山) | トップページ | 筑波山・梅林 »

2008年3月21日 (金)

トビムシ(栃木県・大小山)

 山の尾根筋の平坦なところに落ち葉がふかふかに堆積していて、そこの落ち葉を含む表土層から抽出されたトビムシです。
 5~6種類は居たようです。カニムシも同じ所から出て来ました。Img_0270

 
 体長2.2mm位の黒紫色、ずんぐりした体型のムラサキトビムシの仲間がいました。
 色黒で見にくいですが、腹面に小さいけれど跳躍器(バネ)が観察できました。

 ムラサキトビムシの仲間、写真左:背面から、右:腹面から。短く小さいバネがある。(写真をクリックすると拡大されます)22mmrennketu

 
 ツチトビムシの仲間。体長1mm。食べたお腹の腐植がソーセージのように見えます。1mmimg_0284trm

 
 トゲトビムシの仲間:大型で触角が長く第3、4節が環状に小分節している特徴があります。カニムシの好物でしょうか。Img_0356trm

 本当に、トビムシは何時でも何処にでも住んでいるようで,良い遊び相手です。

|

« カニムシ(栃木県・大小山) | トップページ | 筑波山・梅林 »

カニムシ」カテゴリの記事

トビムシ」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/11504804

この記事へのトラックバック一覧です: トビムシ(栃木県・大小山):

« カニムシ(栃木県・大小山) | トップページ | 筑波山・梅林 »