« 滝沢ダム | トップページ | エダシャク蛾の仲間(幼虫) »

2008年4月18日 (金)

池のまわりの昆虫

 気温のゆらぎの幅が大きい昨今です。晴れた日はすっかり初夏の気配ですが、雨が降るとまだ寒かったり。
 晴れた日の調節池の土手や草はらには昆虫たちが大活躍するようになりました。

 ギシギシの葉の上をナナホシテントウが忙しく歩き回っていました。Blgimg_1262

 
 ヤブランの草むらにはカマキリの卵のう(卵鞘)がありました。
 初夏になればカマキリがぞろぞろ這いだしてくるでしょう。
 この夏も草むらは賑わいそうです。Img_0890

 
 どこから来たのか枯れ草の茎にイトトンボがやってきました。
 羽を閉じて日なたぼっこを楽しんでいるように見えます。
 名前は分かりません。初夏の気配を感じます。Img_0914

 
> 土手のスイバやギシギシも大きく葉を広げていて、あたりにはベニシジミが飛び交っていました。
 橙色の羽の濃さが異なる個体がいます。
 雌雄の区別は分かりません。Img_1267trm Img_1274trm

|

« 滝沢ダム | トップページ | エダシャク蛾の仲間(幼虫) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/20294879

この記事へのトラックバック一覧です: 池のまわりの昆虫:

« 滝沢ダム | トップページ | エダシャク蛾の仲間(幼虫) »