« ミヤマキケマン(深山黄ケマン) | トップページ | トビムシ(前日光高原)マルトビムシの仲間 »

2008年5月11日 (日)

ムナグロ(旅鳥)

 1週間ほど前のこと、水が張られて稲苗の植え付けを待っている水田に14、5羽くらいの鳥が舞い降りるのが見えました。
 持っていたデジカメでは遠くてよく分かりません。Img_2052

 
 改めてズームカメラを持って出かけ、写った鳥が、旅鳥のムナグロ(胸黒)でした。
 どうりで普段はあまり見かけません。P5041377trm

 
 図鑑の説明によれば、チドリ科の鳥で全長約24cm。雌雄同色。
 嘴と足は黒く、頭から体の上面部は黄褐色と黒のまだら模様で、また顔から胸、腹にかけての下面部は、夏羽は黒色であるが、冬羽は淡い黄褐色にかわり、その上部に白い縁取りがある。
 4月や8月は、夏冬の中間羽が多いという。P5041376trm P5041381trm P5041380trm

 
 シベリアや北アメリカのツンドラで繁殖し、東南アジアやオーストラリア、南アメリカ等で越冬する。
 日本へは全国に旅鳥として春や秋に水田や干潟、河口などに渡来する。
 水生昆虫やミミズ、甲殻類などの動物食だが、草の種子なども食べるとのこと。

|

« ミヤマキケマン(深山黄ケマン) | トップページ | トビムシ(前日光高原)マルトビムシの仲間 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/20874807

この記事へのトラックバック一覧です: ムナグロ(旅鳥):

« ミヤマキケマン(深山黄ケマン) | トップページ | トビムシ(前日光高原)マルトビムシの仲間 »