« 小さな昆虫類(8)チュウレンジハバチ | トップページ | ムナグロ(旅鳥) »

2008年5月10日 (土)

ミヤマキケマン(深山黄ケマン)

富山から国道41号線を経て471号線を安房峠目指して高原川沿いに走るとしばらくの間、残雪の乗鞍岳が垣間見えるところがありました。P4301342

その間、正確なところは分かりませんが標高約600m700m位の道路沿いに黄色のかたまりが点々とあるのが目にとまりました。ミヤマキケマンの群落です。Img_1928_2

ミヤマキケマンは,ケシ科キケマン属に属する多年草で、本州(近畿地方以東)の山野のやや湿ったところに生育します。「ミヤマ(深山)」という名がついていますが高山植物ではなく,低山に生える植物で、有毒のアルカロイドを含んでいます。なお、草姿がよく似た赤紫色の花をつけるムラサキケマンも有毒で、痙攣毒プロトピンを含んでいます。Img_1931

|

« 小さな昆虫類(8)チュウレンジハバチ | トップページ | ムナグロ(旅鳥) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/20835655

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマキケマン(深山黄ケマン):

« 小さな昆虫類(8)チュウレンジハバチ | トップページ | ムナグロ(旅鳥) »