« フラワーパーク(茨城県) | トップページ | ムナグロ »

2008年5月30日 (金)

初夏の花

 暑い時間を避けて外に出てみるとあちこちに夏の到来を告げる花が咲いています。

アヤメ:
 アヤメ、ショウブ、カキツバタと、何度も区別方法を聞いていますがなかなかよく分かりません。
 多分アヤメと思います。水田脇にたくさん涼しげに咲いていました。Blg521img_2643

 
キショウブ:
 畑の脇や湿地によく見られます。Img_2690

 
スイカズラ:
 庭木にもされています。花色が最初は白色ですが時間が経つと黄色に変化するので金銀花とも呼ばれます。 花の長さは3~4cmで、良い香りがあり、2個ずつ対になって咲きます。Img_2590

 
ヒメスイレン:
 晴れた日の朝ふと気がつくと、全く面倒を見ないヒメスイレンがかわいらしい花を咲かせていました。 屋外メダカ水槽に侵入してくる(アマガエルの)オタマジャクシや、トンボのヤゴの強制疎開先です。Img_2663

 
ハクチョウソウ(白蝶草):
 蝶型の花がかわいらしい北アメリカ原産の多年草。ウォーキングコースの道ばたに植えられたものです。 ”勝手に切り取っていかないでください”、の立札がありました。Img_2666

|

« フラワーパーク(茨城県) | トップページ | ムナグロ »

植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/21163785

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の花:

« フラワーパーク(茨城県) | トップページ | ムナグロ »