« ホオジロ | トップページ | トビムシ(三毳山) »

2008年6月 8日 (日)

ニワゼキショウ

ニワゼキショウは、芝地や公園あぜ道などで、日当たりの良いところに生える北アメリカ原産の帰化植物です。芝地に生えると花がないときにはシバに紛れて分からないことが多いようです。広い芝地に3種類の花が混生していました。Img_2549

普通種の花は赤紫色で花弁は6枚、花弁の”のど”の部分は紫色が濃くなり、中心付近は黄色です。花弁が白色の個体もあります。また草丈が高く、花弁に藍色の筋の入った白い花をまばらに付けるオオニワゼキショウもありました。ニワゼキショウの仲間はまだ分類学的な課題が多いそうです。

ニワゼキショウImg_0742

白花のニワゼキショウImg_2504

オオニワゼキショウImg_2552

Img_2551

|

« ホオジロ | トップページ | トビムシ(三毳山) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/21130010

この記事へのトラックバック一覧です: ニワゼキショウ:

« ホオジロ | トップページ | トビムシ(三毳山) »