« カタツムリ | トップページ | 天空のポピー »

2008年6月18日 (水)

オヤブジラミ

用水路の堤防に、草丈50cmくらいの大きさで、先に白い花を付け、赤紫色の刺毛のある果実を付けた草が目立つようになりました。図鑑で調べると、セリ科ヤブジラミ属のオヤブジラミ。セリ科の植物に多く見られる「複散花序」とよばれる花の付き方が特徴。藪に生え、果実がシラミ(虱)のような形をしている”ヤブジラミ”よりも、果実が大きく粗大な感じなので、「雄-」を冠して、雄藪虱、だそうです。花弁の外側や果実、茎や葉が紫色を帯びるのがヤブジラミとの区別のポイント。Img_2507

|

« カタツムリ | トップページ | 天空のポピー »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/21693524

この記事へのトラックバック一覧です: オヤブジラミ:

« カタツムリ | トップページ | 天空のポピー »