« アカバナユウゲショウ | トップページ | オヤブジラミ »

2008年6月17日 (火)

カタツムリ

陸に住む腹足類(陸生貝類)のうち、殻のないものをおおざっぱにナメクジと言い、殻を持つものをカタツムリやデンデンムシなどと呼ぶ(Wikipedia)そうです。殻があるかないかで随分気持ち悪さが違いますね。昨今、大都市圏の公園などでは温暖化や乾燥化のせいで、カタツムリの姿がだんだん見られなくなってきているとか。水滴の光るヤツデの葉をゆっくり這うカタツムリの姿は、しとしと降る梅雨の情景描写には欠かせないものでしたが・・・。

梅雨入りした雨上がりの早朝、草むらから這い出してきたたくさんのカタツムリがぬれた舗装道路を這っていました。一匹拾って濡れたヤツデの葉に乗せると角だし槍だし目玉を出して這っていきます。殻の大きさは1.5cmくらいで、種類は分かりません。61img_294361img_2962

|

« アカバナユウゲショウ | トップページ | オヤブジラミ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/21668064

この記事へのトラックバック一覧です: カタツムリ:

« アカバナユウゲショウ | トップページ | オヤブジラミ »