« 綿毛の種(3種) | トップページ | スケバハゴロモ幼虫② »

2008年7月25日 (金)

スケバハゴロモ幼虫①

 庭のアジサイの茎になにやら白い綿毛風のものがポツポツくっついていました。
 風もないのにゆっくりと動いていきます。
 大きさは1cm程度。Img_0116

 
 目をこらしてみるとクジャクの尾羽のように広げた白い毛束の下に足がみえます。Blghagoromo_r1

 
 フーッと息を吹きかけると、綿毛の中から淡緑色をしたセミのような体がのぞきました。
 アッ、ついに我が家にもやってきたか。
 この季節、常連の害虫、スケバハゴロモ(半翅目ハゴロモ科)の幼虫です。
 親御さんは、名前の通り、透明な羽を持ったセミの仲間の昆虫で、親子共々、木の茎にハリのような形をした口(口吻)を射し込んで樹液を吸うので被害が出ることがあります。Blgr3

                 (続く)

|

« 綿毛の種(3種) | トップページ | スケバハゴロモ幼虫② »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/22420549

この記事へのトラックバック一覧です: スケバハゴロモ幼虫①:

« 綿毛の種(3種) | トップページ | スケバハゴロモ幼虫② »