« ノシメトンボ | トップページ | ヨトウムシの若齢幼虫 »

2008年7月 4日 (金)

ブドウトリバ

 ブロック塀にはめ込まれている郵便受けの下部に、小さな茶色のゴミのようなものが付着していて、近寄ってよく見るとゴミではなく生きもののようでした。
 写真を撮って拡大してみると何とも奇妙な形をしていて蛾の仲間らしい。
 草の切れ端で触るとスッと飛んで逃げました。
 調べてみるとブドウトリバという蛾の成虫で、羽を広げた大きさは約15mmと小さく、
 本州から九州にかけて分布し、成虫は6~9月に出現する、とのことでした。Blg2008060515cmimg_3003trm

 
 幼虫はブドウ科のノブドウ、エビズル、ヤブガラシなどの葉や花を食草にするということで、そういえば近くの散歩コースの金網フェンスにはノブドウやヤブガラシがもう沢山からみついています。
 しばらく前にきれいに刈り取られていたのに。
  (写真 手前の横に這っている赤みがかかった蔓がノブドウ、奥の花と葉がヤブカラシ)Img_4132

|

« ノシメトンボ | トップページ | ヨトウムシの若齢幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/22030795

この記事へのトラックバック一覧です: ブドウトリバ:

« ノシメトンボ | トップページ | ヨトウムシの若齢幼虫 »