« ツマグロヒョウモン | トップページ | 甘利山 »

2008年7月18日 (金)

ニオイハンゲとカラスビシャク

 数年前に知人からいただいたニオイハンゲは、バナナのようないい香りがするということです。
 毎年、季節になると途絶えることなく生えてきます。
 ただ面倒見が悪いのでこれまで分かりませんでしたが、今年はじめて控えめながら仏炎苞を数本立ち上げているのに気がつきました。
 側に並べて放置していたカラスビシャクの方は、これより勢いが良くて、背高の仏炎苞をたくさん立ち上げました。Img_3586

Photo

 
 しばらくするとカラスビシャクの一本に実がなっていて、Img_4056

 
 そのいくつかがこぼれて落ちていましたので、拾って皮をむいてみると、まだ青い種が入っていました。Img_4442

 カラスビシャクは、ニオイハンゲよりはるかに強力な勢力拡大手段を持っているようです。
 畑地などに入り込むと根絶が難しいのもうなずけます。

|

« ツマグロヒョウモン | トップページ | 甘利山 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/22271714

この記事へのトラックバック一覧です: ニオイハンゲとカラスビシャク:

« ツマグロヒョウモン | トップページ | 甘利山 »