« トビムシ(福島県南会津郡) | トップページ | ナミテントウ »

2008年7月 8日 (火)

チュウレンジハバチ

 チュウレンジハバチは大きさ8mmくらい、頭部、胸部、脚は黒色で、腹部はオレンジ色に黒い羽で、飛来すればすぐに分かるバラ園芸家にとっては天敵とも言うべき害虫です。
 見つかると直ちに捕殺・薬殺される運命のハバチです。
 バラのシーズンになると追払っても追い払ってもしつこくやってきて、ついには大事なバラの茎に切り裂き傷を付けてその中に卵を産み付けます。
 やがて孵化した幼虫が、気がついたときにはバラの新しい葉を丸坊主にしています。
 殺虫剤の散布を極力控えて、見つけたら捕殺していますが、いつも後手に回ります。仕方ありませんね。

●バラの新しい枝に付けられたチュウレンジハバチの産卵痕。
 この裂け目の中に産卵しています。Img_3655

 
●産卵現行犯 。
 この作業中時は逃げる気配はまったくありません。Img_3650

Img_3663_2

 
●ここまできたら、もうこの枝は切り落とすしかありません。
 そして2週間後、この有様です。傷跡がパックリ口を開け、Img_4197trm

 
●生まれたばかりの若齢ご幼虫様軍団が全葉っぱ中に展開し、やりたい放題。
 どうしたものでしょう。言って聞かせても無駄でしょうし・・・Img_4190trm

 (後日追記:
 今回の写真では判然としませんが、成虫、幼虫ともにチュウレンジバチ(チュウレンジハバチ)ではなく、よく似た「アカスジチュウレンジ」の可能性もあります。不明のため今回はこのままとしました。)

|

« トビムシ(福島県南会津郡) | トップページ | ナミテントウ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/22051613

この記事へのトラックバック一覧です: チュウレンジハバチ:

« トビムシ(福島県南会津郡) | トップページ | ナミテントウ »