« スケバハゴロモ成虫 | トップページ | ベッコウハゴロモ(2) »

2008年8月10日 (日)

ベッコウハゴロモ(1)

 公園のケヤキの幹に、羽化の盛りを過ぎたニイニイゼミの抜け殻がくっついていました。その側に何者かが隠れている気配です。5img_0019_2 1img_0024_2

 忍者ニイニイゼミが、葉隠れならぬ樹皮隠れの術で完全に樹の幹にとけ込んでいました。Img_0017_2

 その側には、遠い親戚で、弟子のベッコウハゴロモ隠れていました。2枚目の写真で気づかれたでしょうか。

 ここにいました。大きさは約1cmです。3img_0026_2

 ベッコウハゴロモは広葉樹や、ミカン、クズ、ウツギ、ヤマノイモなどの茎から汁を吸う、セミやカメムシの仲間です。

|

« スケバハゴロモ成虫 | トップページ | ベッコウハゴロモ(2) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/22878352

この記事へのトラックバック一覧です: ベッコウハゴロモ(1):

« スケバハゴロモ成虫 | トップページ | ベッコウハゴロモ(2) »