« 夏のトンボ5種 | トップページ | ホソエノヌカホコリ(変形菌) »

2008年8月18日 (月)

トリバガとクモ:小さな怪獣(アオオビハエトリ?)

 リビングのガラス戸の外側に、なにやらくっていて動きません。よく見るとすぐに思い当たる形です。
 以前見かけたトリバガの一種ブドウトリバ。ルーペで拡大してみると改めてどうしてこんな奇怪な姿なのかと思います。はねを広げた大きさは14mmくらいです。14mmimg_0316trm

 
 後翅はどう見てもスカスカの付録飾りで、飛翔の役に立つとは思えないような代物。Img_0387

 でも実際は結構飛翔力があり、逃げるときはブーンという感じであっという間に見えなくなってしまいます。
 しみじみ見ていると、だんだんSF映画に登場させても良いカッコいい怪獣に見えてきました。

 
 次は、不確かですがエゾギクトリバ?。全体の色が白っぽいトリバガで、足のトゲトゲなども違うようです。ヤブガラシですっぽり覆われてしまったサツキの葉にとまっていて、こちらも動く気配無し。
 突っつくと、瞬時に視界から消えていきました。14mmimg_1150trm

 
 次は小さなハエトリグモの仲間です。名前は確かではありませんが、「アオオビハエトリ」かと。
 夕方、ツリバナの葉にいました。大きさは  8mmくらいです。4つ目の異形ミニ怪獣です。何を捕まえるのでしょうか。8mmimg_0256

Img_0258

|

« 夏のトンボ5種 | トップページ | ホソエノヌカホコリ(変形菌) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/22776959

この記事へのトラックバック一覧です: トリバガとクモ:小さな怪獣(アオオビハエトリ?):

« 夏のトンボ5種 | トップページ | ホソエノヌカホコリ(変形菌) »