« クロメダカ | トップページ | イモムシ毛虫(2)ユウマダラエダシャクとセスジスズメ幼虫 »

2008年8月14日 (木)

イモムシ毛虫(1)ナミアゲハ幼虫

 イモムシ毛虫シリーズです。私もなかなか慣れません。嫌いな方はスルーしてください。

 以前、キンカン(金柑)の小木の若葉が夏場になると決まって坊主にされていました。その時期には葉のあちこちに”鳥糞”がくっついていましが、その金柑は、日当たりが悪くて実成も良くないので処分してしまいました。
 以降、今度は山椒の枝が丸坊主にされるようになりました。やはり”鳥糞”が着いています。生みの親はナミアゲハです。家のまわりにもしょっちゅうやって来ます。P7301878_1

 
 山椒の木のあちこちにいるナミアゲハの若齢幼虫”鳥糞 ”。小鳥の糞に擬態しています。Img_0052

 
 大きくなって変態していきます。前の日にいたのと同じところで翌日、姿が変わっていました。R

 
 指の太さくらいの終齢幼虫。見るとギョッとしますが・・・Img_4615

 
 小枝で突っつくと頭からオレンジ色の臭角をだして威嚇します。(→何度もやらせると弱って死ぬ、という話ですが、どちらも悪趣味デス)。
 頭の紋様にもこだわりです。鳥に食べられないで羽化して早い退去を希望しています。
 なお、アゲハの鳥糞幼虫→緑の幼虫→サナギという3段階の変化は、いずれも幼若ホルモン(JH)濃度に応じて発現していると考えられるそうです。*Photo     *http://column.odokon.org/archives/2008/0415_234500.php

|

« クロメダカ | トップページ | イモムシ毛虫(2)ユウマダラエダシャクとセスジスズメ幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/22774280

この記事へのトラックバック一覧です: イモムシ毛虫(1)ナミアゲハ幼虫:

« クロメダカ | トップページ | イモムシ毛虫(2)ユウマダラエダシャクとセスジスズメ幼虫 »