« 最後のミンミンゼミ | トップページ | セスジスズメ »

2008年8月30日 (土)

ナガコガネグモ

 空き地の草むらに、大きなクモが網を張っていました。大きな蜘蛛というとすぐにジョロウグモかと思ってしまいますが、違いました。
 腹部に黄色と黒のこまかい縞模様があり、足はトゲだらけで、体長は約3cmくらいもあるナガコガネグモの雌です。 ちなみに雄は相対的にとても小さく1cmくらいだそうです。
 8月から11月にかけてみられ、草原や林の周辺、水田などに、円網を張り、網には、ジグザグの直線状や円盤状など、さまざまな形の白帯(かくれ帯)をつけ、その中央にとまるのが特徴。
 アブラゼミや蝶などが捕らえられているのを目にします。1img_1240trm

2img_1237trmdai

Img_1237trm

 
 別の個体(腹面から)Img_0395_2

|

« 最後のミンミンゼミ | トップページ | セスジスズメ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/23162175

この記事へのトラックバック一覧です: ナガコガネグモ:

« 最後のミンミンゼミ | トップページ | セスジスズメ »