« シジミチョウ類、アゲハ、キタテハ | トップページ | 川魚 »

2008年9月23日 (火)

雑草の花(5)クサネム、アゼナ、メドハギ

クサネム:
 水田や畦に生える一年草です。小苗の頃は一見、ネムノキに似て鳥の羽のような細かい羽状複葉が、害草とは思えない繊細な印象ですが、成長すると相当なやっかいものになってしまいます。
 夏に特徴的な薄黄色の蝶形花をつけます。3r

 
 水田に侵入して生えたものはこの後更に草丈も大きく成長して稲穂を凌駕するまでになります。
 刈取り作業前に引抜き除去しなければ、木質化してとても硬くなった茎がコンバインの刃こぼれの原因になったり、またたくさんの、鞘に入った実をつけて、触れるだけで切れ目の入った鞘ごと、種がバラバラになって米の中に混入したりして、農家を困らせる害草になります。2r

 
アゼナの仲間:
 1年生の水田雑草で湿地やあぜ道などにごく普通に生えています。夏から秋にかけて葉腋から長い花柄を出して、その先に小さな薄赤紫色の唇形花をつけます。
 在来種は葉が卵円形で鋸歯がありませんが、最近は葉に鋸歯があり花はうす紫色で唇形花の外来種であるアメリカアゼナが急増しているそうです。
 実際にフィールドで見られるものは、そのどちらとも素人目には判別しがたい場合が多く、花の付き方や種の形で判別するそうですが、さらにタケトアゼナという中間的なものもあるということです。
 写真のものはアメリカアゼナだろうと思いますが確かではありません。2r_2 3r_2

 
メドハギ:
 道端の日当たりの良い乾燥した地面に生える大形の多年草です。茎は枝分かれしながら1mくらいに伸びて葉をびっしりつけたところは樹木のようです。見た目はあまり感じの良いものではありません。
 夏から秋にかけて葉腋に白い蝶形花を一つずつつけます。花の旗弁に紫色の斑点があります。Blg3r

|

« シジミチョウ類、アゲハ、キタテハ | トップページ | 川魚 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/23938647

この記事へのトラックバック一覧です: 雑草の花(5)クサネム、アゼナ、メドハギ:

« シジミチョウ類、アゲハ、キタテハ | トップページ | 川魚 »