« マメアサガオ | トップページ | クロメダカ:屋外コンテナ水槽による飼育 »

2008年9月 8日 (月)

まちどうしい秋

 不安定な天候がいっこうに定まりません。昨日(9/7)も午後3時過ぎから雷鳴とどしゃ降り。もううんざりです。Img_1202trm_3
 大雨の最中、ガラス戸の外に、弱って逃げ場もなくなったアゲハが翅を閉じて雨に打たれているのが見えました。午後5時半頃小降りになったので、外に出て近寄ると、警戒して逃げようと翅をゆっくりと広げましたが、飛べないようです。鳥などにもだいぶ追っかけられたらしく、翅もいたんで前翅の鱗粉もはげ落ちていま。しばらくしてやっとよろよろしながら地面近くを飛んで行きました。Img_1204
 夜間また少し雨が降った今朝(9/8)、新聞を取りに出てみると、はじめて見ればウヮーと叫びそうな光景が・・・温暖化で日本列島北上を続けるといわれる熱帯性の蝶、ツマグロヒョウモンの幼虫がたくさん大きくなっています。あちこちに20頭はいると思います。やはりどこか少ずつ変化が進行しているようです。Img_1205
爽やかな秋の空気が待ち遠しい昨今です。

|

« マメアサガオ | トップページ | クロメダカ:屋外コンテナ水槽による飼育 »

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/23594124

この記事へのトラックバック一覧です: まちどうしい秋:

« マメアサガオ | トップページ | クロメダカ:屋外コンテナ水槽による飼育 »