« ツマグロヒョウモン、幼虫 | トップページ | 野生メダカ、採取と放流 »

2008年9月 3日 (水)

ノアサガオ

 ノアサガオは帰化植物で、半耐寒性つる性宿根多年草です。
 毎年、決まって同じ場所の用水路コンクリートブロック法面(のりめん)の隙間から蔓を伸ばし、金網フェンスにからみついて成長します。
 そして一度は、花が咲く前に”清掃作業”でからみついた他の雑草類と共にフェンスの足元で刈り取られて”除草”されますが、また再び一番早く蔓をのばして花を咲かせます。
 だからこの場所はほとんどこの時期には独り占めで、早朝、小振りな花ですが、濃い紫の美しい花を咲かせています。Img_0296Img_0296_1Img_0296_2Img_0296_3

 種はあまりできないようですが、皆無というわけでもなさそうです。Blg2r_3

|

« ツマグロヒョウモン、幼虫 | トップページ | 野生メダカ、採取と放流 »

帰化植物」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/23339365

この記事へのトラックバック一覧です: ノアサガオ:

« ツマグロヒョウモン、幼虫 | トップページ | 野生メダカ、採取と放流 »