« トビムシ(大小山) | トップページ | 秋の北海道南部の旅 »

2008年10月26日 (日)

カニムシ(大小山)

 里山(大小山)の尾根筋に堆積した落ち葉の腐植土層に、トビムシを捕食するカニムシが居ました。カニムシにお目にかかるのはまだ3回目です。
 カニムシが住んでいるところは、トビムシだけ住んでいるところより自然度が高い、という評価になるようです。
 日本の土壌性カニムシには、ツチカニムシ上科とコケカニムシ上科が多いそうですが、全く知識がないので、ただカニムシ、です。
 カニムシの体型はシッポがないサソリ形です。

 3匹抽出されました。同じ種類でしょう。その個体の写真です。
 触肢は大きなハサミ状で、このハサミでトビムシなどを捕まえます。
 ハサミ状の膨らんだ部分(掌部)に毒腺があるもの(コケカニムシ)とないもの(小型のツチカニムシ)があるそうです。
 また頭のところに1対の大きな鋏顎があります。
 歩き回るための足として、4対の歩脚があります。
 今回見つかったカニムシの大きさは、ハサミを含めないで、鋏顎から測定して約1.5~1.8mmくらいです。

●個体a(大きさ1.5mm)
 写真上:プレパラート作成直後のもの、写真中:1日後、透明化が進んだ背面からの画像、写真下:腹面からの画像。Blg3

 
●個体b(大きさ1.6mm)
 3枚の写真はaに準じます。23r16mm

 
●個体c(大きさ1.8mm)
 写真は上記に準じます。18mm13r

 カニムシが、同じくらいの大きさのトビムシに襲いかかり、トビムシが飛び跳ねて逃げる光景はなかなかイメージできません。想像力の欠如は頭が硬くなった証拠でしょうか。

|

« トビムシ(大小山) | トップページ | 秋の北海道南部の旅 »

カニムシ」カテゴリの記事

トビムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/24548707

この記事へのトラックバック一覧です: カニムシ(大小山):

« トビムシ(大小山) | トップページ | 秋の北海道南部の旅 »