« ウスモンミドリカスミカメ | トップページ | オオムラサキ幼虫 »

2008年10月30日 (木)

秋の前日光、井戸湿原

 10月半ば、標高およそ1000mの前日光高原はもう冬支度の気配でした。
 一日秋晴れという天気予報ははずれで、お昼過ぎには頭の上に黒い雲が広がりはじめ、やがてすっかり曇り空に。
 ハイランドロッジを過ぎて「象の鼻」展望台からの展望も今ひとつでした。
 それでも天気が悪くなる前に皇海山(写真奥中央の三角形)と、写真では判別困難ですがその少し左にちょこんと庚申山を望むことが出来ました。Img_3616_4

 
 象の鼻から井戸湿原に向かったときにはすっかり曇り空。ミニ湿原にも中に灌木などが増えてきたような気がします。
 鹿よけの柵が巡らしてありますが、湿原の植物など生態系は変化していくのでしょう。Blgimg_3624_3

 
 草地に咲き残っていたアザミにアサギマダラがいました。
 やっとぶら下がっているという風情。動きはずいぶん鈍くてよろよろした感じでした。Blg1052r

 
 次の花に移ろうとしてそのまま草地に落ちてしまい、しばらくしてまたよろよろ飛び上がる、という感じ。
 高原の秋は足早に過ぎてゆきます。2r2 

 
 日当たりが無くなった高原の午後の風は冷たく、駐車場に戻ったときには、暖まった車内の空気が心地よかったくらいでした。
 早々に山道を下りましたが、途中、道の山際にマムシグサの赤いトウモロコシのような実が目にとまりました。
 仏炎苞の名残が緑色でしたのでカントウマムシグサでしょう。2r

 種子や根にはサポニン(saponin)、シュウ酸カルシウム、コニイン(coniine)などの有害成分が含まれています。鳥も良く知っていて、この赤いおいしそうな実は食べないのでしょう。

|

« ウスモンミドリカスミカメ | トップページ | オオムラサキ幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

登山/ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/24609449

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の前日光、井戸湿原:

« ウスモンミドリカスミカメ | トップページ | オオムラサキ幼虫 »