« カメムシ(7種類) | トップページ | 里山の秋に咲く(1)シラヤマギク、アキノタムラソウ、キンミズヒキ »

2008年10月16日 (木)

トビムシ(公園の腐植層)

 しばらくぶりに散歩コースの公園に住んでいるトビムシをのぞいてみました。特に変わりばえはありませんでした。

観察のための抽出用具はこれまでのとおり、ツルグレン装置もどきの、百円ショップで買った金網ザルとロート(ジョウゴ)とくずかごセット、それに白熱灯電気スタンドです。Photo_2

トゲトビムシの仲間:
 体長(触角、跳躍器は含まない)2.5mmくらいで、これまで公園で見つかるトビムシ仲間では一番大きなものです。ただ、この個体は触角がかなり短いようでした。92img_0865_3
シロトビムシの仲間:
 大きさ1.6mmくらい。触角の片方が下に曲がってしまったのかちぎれたのかよく分かりません。バネ(跳躍器)はありません。Img_0852

ツチトビムシの仲間とムラサキトビムシの仲間:
 ツチトビムシ(写真中央)大きさ1mmくらい。ムラサキトビムシ仲間(写真下)大きさ1.4mm位のずんぐりむっくり。
 なお写真左上は小さいシロトビムシ仲間のようです。Img_0872

ツチトビムシの仲間:
 大きさ1.2mmくらい。体表に青い縞模様があり、立派なバネ(跳躍器)があります。Img_0848

|

« カメムシ(7種類) | トップページ | 里山の秋に咲く(1)シラヤマギク、アキノタムラソウ、キンミズヒキ »

トビムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/24474751

この記事へのトラックバック一覧です: トビムシ(公園の腐植層):

« カメムシ(7種類) | トップページ | 里山の秋に咲く(1)シラヤマギク、アキノタムラソウ、キンミズヒキ »