« ルリタテハ顛末記(屋外編1) | トップページ | ルリタテハ顛末記(室内編1) »

2008年11月25日 (火)

ルリタテハ顛末記(屋外編2)

 正直に言えば、当初、この忌まわしいケムシが、ルリタテハのお子様とは知りませんでした。
 そこで身元調査用に写真を撮ってから、殺虫剤をスプレー、目についたものの大半は犠牲になったと思います。
 調べた結果、ルリタテハ幼虫と確認しました。

 そして9月下旬、再び、大きくなった幼虫がまた別のホトトギスにあちこちくっついているのが分かりました。12r
 そこで今度は少し観察することにしました。
 たくさんの幼虫が蛹になり、やがて羽化していきました。

 1頭目の幼虫がツマグロヒョウモンでおなじみの前蛹「J」の字になってホトトギスの茎にぶら下がっていました。
 そして16時間後に蛹になり、23時間後に突起が光るようになりました。11623rcr

 
 2頭目の幼虫は降りしきる雨の中、前蛹になり、同じように翌日、約16時間後には蛹になっていました。
 ぶら下がった真下の葉の上に抜け殻が落ちていました。(写真右)216

 
 10月初旬の雨の日、花が咲きはじめたホトトギスにまた大きな幼虫がいました。106aimg_3110

 
 さらに10月中旬、3頭の蛹が見つかりました。101214456 

 9月下旬にいた蛹はもう抜け殻になっていて,何時羽化して行ったのか分かりません。
 そこで、まだウロウロしている体格のよい終齢幼虫を3頭、ホトトギスの茎とともに虫かごに入れて観察することにしました。
 
            (続く)

|

« ルリタテハ顛末記(屋外編1) | トップページ | ルリタテハ顛末記(室内編1) »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/25589219

この記事へのトラックバック一覧です: ルリタテハ顛末記(屋外編2):

« ルリタテハ顛末記(屋外編1) | トップページ | ルリタテハ顛末記(室内編1) »