« 蛾(テングアツバ、ヒメノコメエダシャク、ヒメヤママユ)とその他の幼虫 | トップページ | ハバチ幼虫(不明) »

2008年11月 8日 (土)

ハグロハバチ幼虫

 この時期になっても見られる常連昆虫の一つとしてハグロハバチの幼虫があります。繁茂した大きな夏草雑草がきれいに刈り取られて地面がむき出しになった草原には、スイバやギシギシが勢いを増して生えてきています。
 散歩コースの道端で穴だらけになったギシギシがありましたので、葉をめくってみますと、裏側にやっぱり、コロンと丸まってたくさんのハグロハバチの幼虫たちが食後の休憩をしていました。Photo
 6の時になって休んでいるのを一匹無理やり起こしました。120081029img_3847trm
 全体は青緑色で、腹部は淡い黄橙色、頭部と尻先は黄橙色です。腹部側面には11対の黒斑があります。少し動いたら、2img_3847_2 
 体に似合わず大きなウンチをしてすっきりすると、3img_3847_1_2
 またコロンと丸まってお休みです。4img_3847_4trm
 成虫は名前のとおり、黒いハバチです。

|

« 蛾(テングアツバ、ヒメノコメエダシャク、ヒメヤママユ)とその他の幼虫 | トップページ | ハバチ幼虫(不明) »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/25115116

この記事へのトラックバック一覧です: ハグロハバチ幼虫:

« 蛾(テングアツバ、ヒメノコメエダシャク、ヒメヤママユ)とその他の幼虫 | トップページ | ハバチ幼虫(不明) »