« 秩父市・栃本、入川林道沿いの紅葉 | トップページ | ルリタテハ顛末記(屋外編1) »

2008年11月23日 (日)

晩秋の日溜まり

 冷え込みが急に厳しくなってきました。それだけに、風もなく晴れてやわらかな日差しが注ぐ晩秋の一日は、生き物たちにはとても貴重な一時です。
 堤防沿いの草はらには、シロバナタンポポが長い花茎を延ばして花を開き、Pb072262

 黄色のセイヨウタンポポにはモンシロチョウがやって来ました。Pb072269
 センダングサの黄色い花にはキチョウがとまっています。Spb182292trm
  陽の当たる地面の枯れ草には、ツマグロヒョウモンが飛んできて、翅を広げ暖をとっていました。Pb072272
 まわりの雑草が姿を消した後には、触ると痛いトゲのある葉を広げて、オニノゲシが”一人勝ち”の様子で生えています。1110img_4331cc
 冬がすぐそこまでやって来た日溜まりの光景です。

|

« 秩父市・栃本、入川林道沿いの紅葉 | トップページ | ルリタテハ顛末記(屋外編1) »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/25423440

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の日溜まり:

« 秩父市・栃本、入川林道沿いの紅葉 | トップページ | ルリタテハ顛末記(屋外編1) »