« ハグロハバチ幼虫 | トップページ | ヒシの実 »

2008年11月 9日 (日)

ハバチ幼虫(不明)

 用水路堤防の水際にミゾソバが生い茂っていました。花色にはかなり変化があり代表的なもの(写真上)から、ほとんど白色(写真中)、さらに赤色の濃いもの(写真下)など隣り合って生えていました。→2012.12.16記事訂正:
 ミゾソバとしたのはどうやら間違いで、比較的分布が少ない「サデクサ」だったと思われます。葉の形や茎に鋭い棘が見分けられること、花の色が白から、花被が赤色になったものなどの画像のようです。

33r
 その花にとぐろを巻くようにハバチの特徴を持った幼虫がいました。Img_3791trm
 ギシギシにいるハグロハバチ幼虫とは明らかに様子が違います。
 体表面には規則正しく並んだ白色の三角錐のような突起があります。Img_3793trm
 体の上の方は濃いダークグリーンで、下に向かうにつれて淡い色になっています。
 とぐろの巻き方がすごいですね。Img_3795trm_2
  頭は青紫色で、腹部は白色です。全体の印象としてはなかなかシックです。Img_3797trm
 このようにハグロハバチ幼虫とはだいぶ異なっていて、名前は出来る範囲で調べてみましたが分かりませんでした。一応記録として残しました。

|

« ハグロハバチ幼虫 | トップページ | ヒシの実 »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/25115937

この記事へのトラックバック一覧です: ハバチ幼虫(不明):

« ハグロハバチ幼虫 | トップページ | ヒシの実 »