« 紅葉とスズメバチの巣 | トップページ | 一之釜(山梨市・三富)、スズメバチの巣 »

2008年11月20日 (木)

オニグルミとムラサキイラガ幼虫

 国道140号線から脇道に入り、秩父市荒川の里道を少し歩くと、沢筋にオニグルミの幼木がありました。
 オニグルミは沢筋によく生えている落葉木で高木になります。
 秋にはとても堅い実がなり、食べることが出来ます。
 大きな葉は奇数羽状複葉です。葉軸には軟毛、星状毛そして腺毛があって、手で触るとべとつきます。Img_4385
 既に枯れ落ちた葉軸の跡には、猿や羊の顔のようにも見える大きな葉痕があります。 
20081114img_4478rtmcc
 樹木の冬芽と葉痕は、話題の乏しくなる冬の間、樹木観察のかっこうのテーマになります。

 沢沿いの道を少し先に行った時、枯れ葉に黄緑色の怪しげなものがくっついているのが目にとまりました。
 ムラサキイラガ幼虫です。大きさは12mmくらい。棘がいっぱい生えています。11mmimg_4386trm
 素手で触らないように、葉っぱの端でひっくり返してみると、お腹は白色。Img_4386_1trm
 ムラサキイラガは毒棘型のケムシで、刺された瞬間に飛び上がるほどの激しい痛みが起きるので、幼虫には絶対に触ってはいけないというシロモノです。
 これから褐色の繭を作って蛹になり越冬します。成虫はとても小さな茶色の蛾です。
 自然界は冬支度に忙しくなっています。

|

« 紅葉とスズメバチの巣 | トップページ | 一之釜(山梨市・三富)、スズメバチの巣 »

冬芽と葉痕」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/25455937

この記事へのトラックバック一覧です: オニグルミとムラサキイラガ幼虫:

« 紅葉とスズメバチの巣 | トップページ | 一之釜(山梨市・三富)、スズメバチの巣 »