« 晩秋の一日 | トップページ | 蛾(テングアツバ、ヒメノコメエダシャク、ヒメヤママユ)とその他の幼虫 »

2008年11月 6日 (木)

水辺の鳥

 渡り鳥(冬鳥)の飛来のニュースが聞かれるようになりました。留鳥もまた移動しているようです。
 このごろ散歩コースの用水路沿いに姿を見せる定番の鳥たちです。

 稲刈り直後ににぎわいを見せたサギたちはずっと少なくなりPa012094

カルガモは通年姿が見られますが、夏場は少なくなっていました。まただんだん集まって来るようになりました。2r

 小ガモの姿も少数ですが見られるようになりました。相変わらず逃げ足が速くて、写ったのは♀(上)、♂(下)バラバラ。Blg2r

 まれにしか見られませんが、バンの若鳥と思われる鳥が一羽だけいました。特徴のある体型と泳ぐときの姿勢です。成熟すると額盤が赤色になります。Photo
 これからは近くの調節池にも水鳥がやってくるようになりますので、楽しみです。

|

« 晩秋の一日 | トップページ | 蛾(テングアツバ、ヒメノコメエダシャク、ヒメヤママユ)とその他の幼虫 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/25027910

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺の鳥:

« 晩秋の一日 | トップページ | 蛾(テングアツバ、ヒメノコメエダシャク、ヒメヤママユ)とその他の幼虫 »