« オニグルミ・冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | マガモ・調節池の冬鳥 »

2008年12月18日 (木)

バン・若鳥

 11月初旬に用水路で1羽だけ見かけたバンの若鳥が、やはり1羽だけ同じテリトリーをトコトコ歩いていました。1pb242312cc

 
 ニワトリのような体型で足の指には水かきやヒレがなく、水上や水辺を歩き回るのは得意のようですが、水に入って泳ぐのはあまり得意ではなさそうです。2pb242314

 
 まだ、額から上嘴の付け根にかけて”額盤”と言われる部分が赤くなっていない若鳥です。3pb242315

 
 本州では淡水系の留鳥として公園や農耕地などに見られるそうですが、当地では姿を見る機会は多くはありません。Pb242316 Pb242318
 クビをカクン、カクンと振りながらたくさん居るカルガモの前を泳いでいる姿はユーモラスでもあり、他の鳥と間違えることはありません。それにしても1羽だけしか見あたらないのはかわいそうですが・・・

|

« オニグルミ・冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | マガモ・調節池の冬鳥 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/26261800

この記事へのトラックバック一覧です: バン・若鳥:

« オニグルミ・冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | マガモ・調節池の冬鳥 »