« 冬の日 | トップページ | ハナアブの仲間 »

2008年12月21日 (日)

冬至とゆず湯

 今日は冬至です。明日からはだんだん日脚が長くなっていくと思うと何となく頼もしい気がしますが、気温の方はこれからどんどん下がって行きますのでまあ帳消しになりますでしょうか
(昨日午後4時10分の太陽です)Img_4884

 それはさておいて、冬至の日には伝統生活文化のカボチャを食べ、さらにゆず湯ですね。もっともそのいわれは冬至と湯治、風呂に入れる”ゆずが効きますように”と、融通が利く、の語呂合わせだとも。
 それはともかくとして、ゆずやみかんなど柑橘類の皮には柑橘系の爽やかな香りとして好まれるリモネンやシトラールなどの精油成分が含まれています。さらにゆずには固有の精油成分ノミリンがあり、お風呂に入れると含まれる精油成分による血行促進作用などの効果で、良く暖まることが出来ると言われています。
 この時期、ご近所の畑やお庭には、たわわに実をつけた柚子の木があちこちに見られます。Img_4889 Img_4887

 それにしても昨今は何でもありで、先日近所のスパーで”ゆずのおふろ”が売られていました。よせばいいのに物好きで買ってきました。
 今夜は、いただき物のゆずと、乾燥ゆずをティーバッグにしたもののどちらを楽しみましょうか。Img_4927

|

« 冬の日 | トップページ | ハナアブの仲間 »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/26347840

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至とゆず湯:

« 冬の日 | トップページ | ハナアブの仲間 »