« トビムシ(東京都・公園) | トップページ | トビムシ(栃木県・井戸湿原) »

2008年12月 2日 (火)

トビムシ(長野県・高ボッチ高原)

 やはりたくさんの種類と数のトビムシが住んでいました。生息環境として好ましい自然なのでしょう。(10/12)

●アカイボトビムシの仲間(写真上)とムラサキトビムシの仲間(写真下):  どちらも大きさは1mm以下です。Blgr2

 
●ツチトビムシの仲間、大きさ1mm(写真上)、とシロトビムシの仲間、大きさ1.2mm(写真下):Blgr2_2

 
●トゲトビムシの仲間:
 これまでに観察したトビムシの中では最大級のものでした。触角はとても長くて、第3、4節は環状に小分節しています。
 また跳躍器(バネ)の茎節内側には太いトゲが生えています。
 この数と配列が種の分類の指標になっています。Blg

 
●マルトビムシの仲間:
 一番気持ち悪くないと思うのがこのマルトビムシの仲間です。もちろん、トビムシなんて全部気持ち悪い、と思われる人の方が多いことでしょうが。
 大きさ1mmくらいで、見つかるマルトビムシの中では大きい方です。Blg1mmimg_3525

 
●アヤトビムシの仲間:
 大きさ2.2mmで、やはりトビムシ仲間では大型のものが多いようです。けっこう毛深い体質のようです。Blg22mmr2

|

« トビムシ(東京都・公園) | トップページ | トビムシ(栃木県・井戸湿原) »

トビムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/25107801

この記事へのトラックバック一覧です: トビムシ(長野県・高ボッチ高原):

« トビムシ(東京都・公園) | トップページ | トビムシ(栃木県・井戸湿原) »