« ヤナギ科の樹木冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | タラノキ冬芽と葉痕・維管束痕 »

2009年1月29日 (木)

サンショ(山椒)冬芽と葉痕・維管束痕

 シリーズ定番のサンショの樹です。Img_5647
 時々カナヘビやアマガエルが棘に刺されて干涸らびていることがあります。
 モズの仕業(モズのはやにえ)です。
 初夏には必ずナミアゲハの黄緑色の幼虫にとりつかれて若芽が丸坊主にされます。

 
 冬の間はなんの心配もなく、サンショの子供達が おとなしく春を待っています。Img_5631

 
 ずいぶん色黒の兄弟もいます。Img_5632 Img_5639

 
 双子の姉妹もいました。Img_5628trm  

 若芽を摘んでちらし寿司にのせると、なんとも”贅沢な”気分になります。一緒に待ちたい春です。

|

« ヤナギ科の樹木冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | タラノキ冬芽と葉痕・維管束痕 »

冬芽と葉痕」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/27404220

この記事へのトラックバック一覧です: サンショ(山椒)冬芽と葉痕・維管束痕:

« ヤナギ科の樹木冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | タラノキ冬芽と葉痕・維管束痕 »