« ロゼット(6)ウラジロチチコグサ、ナズナ、ミゾコウジュ | トップページ | オオイヌノフグリ »

2009年2月15日 (日)

ロゼット(7)オオアレチノギク、キュウリグサ、ハハコグサ

●オオアレチノギクのロゼット葉と晩秋の綿毛種子:
 道端や荒れ地に群生して、ヒメムカシヨモギなどと共に夏場大繁殖して人の背丈以上にもなる草藪を形成し、道もふさいでしまう困りものです。夏から秋にかけて多数の地味で目立たない頭花を付け、やがて晩秋になれば、1個体で10万個以上の種子を飛ばすと言われています。2r_9

 
キュウリグサのロゼット葉と春の花 :
 道端、畦道、畑地など、あらゆるところにごく普通に生える2年草です。
 早春から花序を伸ばし、水色の小さな花をつけ、春が来たよと告げてくれる可愛らしい雑草です。2r_10

 
ハハコグサのロゼット葉と初夏の花:
 葉の表面は柔らかそうなフワフワとした白い毛に覆われています。
 春の七草の一つでオギョウ(御形)と呼ばれています。古くから食用にされてきたようですが、見た目と異なり、意外に毛がごわごわして食べにくいようです。2r_11
 ハハコグサの場合は、葉が地面に貼り付つかないで立ち上がっていますが、これもロゼット葉に含めるそうです。

|

« ロゼット(6)ウラジロチチコグサ、ナズナ、ミゾコウジュ | トップページ | オオイヌノフグリ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/27841188

この記事へのトラックバック一覧です: ロゼット(7)オオアレチノギク、キュウリグサ、ハハコグサ:

« ロゼット(6)ウラジロチチコグサ、ナズナ、ミゾコウジュ | トップページ | オオイヌノフグリ »