« モンキチョウ | トップページ | ツワブキとコガマ(綿毛の種) »

2009年2月 5日 (木)

ユキワリソウ(ミスミソウ)

 先頃、栃木県の三毳山公園でミスミソウ(三角草):別名ユキワリソウが開花したというニュースを聞いて、早速”取材”に行ってきました。
 1月下旬に数株の開花が確認されたばかりで、まだまだ開花株数は少なかったのですが、良く維持管理された園地で、ふかふかの落葉の間から花茎を持ち上げ、可憐な花を開いていました。
 ここでは3月下旬くらいまで見られるそうです。
 草丈は5~10cmくらいで、葉の形に特徴がありますが、ほとんどの株の葉は落ち葉に埋もれて見えないものが多かったようです。
 一株だけ指先で落ち葉をそっとかき分けて葉の形を確認しました。
 花径は2cm程で、花色は白、ピンク、青紫などがありました。Img_5893 P2022734 P2022739 P2022746 2r_3
 
 本来のユキワリソウは、名前の示すとおり、まだ雪がある高地(高山)の雪を割って、2月頃から春まで花を咲かせる耐寒性多年草の高山植物、ということですが、こちら(ミスミソウ)は山野草愛好家によってもたくさんの園芸品種が育てられ、春には展示会なども盛んに行われています。

|

« モンキチョウ | トップページ | ツワブキとコガマ(綿毛の種) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/27745126

この記事へのトラックバック一覧です: ユキワリソウ(ミスミソウ):

« モンキチョウ | トップページ | ツワブキとコガマ(綿毛の種) »