« ツワブキとコガマ(綿毛の種) | トップページ | 冬晴れの立山連峰 »

2009年2月 7日 (土)

げんげ(幻魚)

 1月下旬、所用で富山に行ってきました。その際に、富山市内の食品スーパーで、「げんげ」という怪しげな魚のパックが目に止まりました。もちろん見るのは初めてです。
 だいたい”食わず嫌い”の性癖があるのですが、この時ばかりは、”買ってみる?”、という問いかけに、思わずそうだね、と頷いてしまいました。何かそのような魔力があるようで・・・・Img_5801
 ラップをはずして、しみじみご対面すると、ウナギのようなぬらぬらした体で、怪しさは増すばかり。Img_5801_1

 大きさは目見当で、15~6cmくらいでした。Img_5801_2

  面妖なお顔のアップを拝見すると 、真に怪魚、です。Img_5805trm_2

 地元の人の話しでは、「げんげ」は冬に多く取れる深海魚で、もともと富山でもある地方だけで知られていた魚で、しかも10年ほど前までは「下の下」の雑魚(→げんげ)として捨てられていたそうです。
 それが現在は、漁獲量も段々減少してげんげ(→幻魚)になり、グルメブームなどにも乗って、「上の上」にのし上がって来ているとか。

 それはともかくとして、肝心の味ですが、まず皮がゼラチン質でぬるぬる、ぎょろぎょろの食感はなんとも形容しがたいものがあり、身は白身で柔らかですが、嫌いな人には絶対に食べられないシロモノ、ということです。
 しかしぶつ切りにしてみそ汁に入れるとか、ぶつ切りを天ぷらにするととてもおいしいと言うことで、天ぷらにしていただきました。
 正直、”ぬる・ぷにゅ”感は残りますが、大変美味しかったです。ただ、ぬらぬらした生の魚をさわるのは気持ち悪かったですね。

|

« ツワブキとコガマ(綿毛の種) | トップページ | 冬晴れの立山連峰 »

動物」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/27811898

この記事へのトラックバック一覧です: げんげ(幻魚):

« ツワブキとコガマ(綿毛の種) | トップページ | 冬晴れの立山連峰 »