« カイツブリ | トップページ | 蔵王の樹氷 »

2009年2月18日 (水)

タンボコオロギ(越冬幼虫)

 1月初旬、冬枯れの、しかし晴れて気温が上がったある日のこと、畑道に落ちていた板切れをそっと持ち上げてみると、コオロギの幼虫が土の窪みにじっと動かずに居るのを見つけました。厳寒期なのにコオロギの幼虫が?と不思議に思い、とりあえず写真に収めました。2img_1130 3img_1126

 しばらくしてからそのことを思い出し、すこし調べてみました。
 秋にしょっちゅう目にするエンマコオロギ(成虫)は冬には死滅し、卵で越冬すること。ところが、近縁種のタイワンコオロギは、幼虫で越冬するということでした。それで、タイワンコオロギの”顔写真”をよく見ると、エンマコオロギの顔つきによく似ていますが、”眉”の模様が更に太いことなど、素人でも違いがはっきり分かりました。
 そこで今回撮影してあった越冬コオロギ幼虫”の顔写真と見比べると、全く違うことが歴然でした。更にインターネットで調べると、タンボコオロギ、別名イチモンジコオロギ(顔に「一」の模様があるから)というのが居て、幼虫で越冬し、これにそっくりであることから、初めて見る、タンボコオロギの幼虫、と判断しました。
 頭部のアップ写真。2009151img_1127
 突然、冬日の光りを浴びてしばらくじっとしていた幼虫も、やがて穴の中に戻っていきました。Img_1125_2
 タンボコオロギは、エンマコオロギより小型のコオロギで、住みかは畑、田んぼ、水路脇、湿地など。 
 鳴き声はジィッ、ジィッというような声で、顔に一文字模様があり、さらに1年2化性で、冬期は幼虫で越冬すること、などが特徴ということです。

|

« カイツブリ | トップページ | 蔵王の樹氷 »

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/28073373

この記事へのトラックバック一覧です: タンボコオロギ(越冬幼虫):

« カイツブリ | トップページ | 蔵王の樹氷 »